RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
【小説】 狼と香辛料 II
支倉 凍砂
メディアワークス
¥ 662
Amazonランキング: 902位
すみません。またちょっと間が空いてしまいました。
で、その理由は前回と一緒。
本を読んだ直後に更新、ということができなくなってます。
体力がないのか、気力がないのか。
どうにかしたいのですけどねぇ。

さて、第一巻で期待を膨らませ、挑んだ第二巻。
予想通りにすばらしい!
残念ながら、そのおもしろさを語るには、物語の中盤まで説明しなければならないため、ここでは多くを語りませんが、これだけは言っておきます。

中盤以降のワクワク感がたまらない。

どういうものかというと、図式にすればこんな感じ。

日常→絶望→希望→逆転勝利。

オーソドックスといわれればそれまでですが、でもこれは黄金の図式でもあります。
ハラハラさせておいてから、一気にハッピーエンドに向かっていく物語は、まさにワクワク感の塊。

いやぁ、しばらく読んでいなかった冒険小説の興奮が蘇ってきた感じで、希望が見えた瞬間、小声で「おっしゃ、これからだ」なんて呟いちゃったほどです。
いやぁ、すばらしい構成力です。

一方、キャラクターの方ですけども、こちらもなかなか。
特に注目したのはロレンスのキャラクター。
第一巻では非常に「普通」なキャラクターだったロレンス。
しかし、この巻で、その位置づけが少し変わりました。
それは「ちょっとだけ頼れる男性」という位置。
ボクは、多くの男性が理想とする自分の姿って、こうしたロレンスみたいなものだと思っています。
そりゃ、何から何まで頼ってもらえるような存在にはなりたいですが、そうそうなれるものではないし、第一現実味もない。
しかし、少し頼れる人、という程度になら、なれるんじゃないかな、なんて思ったりしていると思うんですね。

だから男性の読者は、ロレンスに感情移入しやすいんじゃないかと思うわけです。
ていうか、ボクがそうだっただけなのかもしれないですけど。

だから、自分の分身のような存在であるロレンスががんばる姿は心から応援できたし、希望が見えた瞬間は心から喜ぶことができました。

いやぁ、ホロが第一巻よりも可愛くなっていることは予想していたけど、ロレンスのキャラがここまで良い味を出してくるとは予想外でした。

これは次の巻が楽しみです。
次はどんな展開が待っているんだろう。
噂ではラブコメ要素が強くなっているっぽいので、それにちょっと期待、かな。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 04:08
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 04:08
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://makazu.jugem.cc/trackback/313