RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
【映画】 TIME タイム
【映画】 TIME タイム

全人類の老化が25歳で止まる近未来。
しかし、それは決して夢を叶えるシステムではなかった。
なぜなら、そのシステム上にいる人々は皆、25歳になった瞬間、左腕に刻まれたタイマーが動き始めるからだ。
ただし、そのタイマーで流れる時間は他者と取引することができ、同時にそれは貨幣と同等の価値を生み出すこととなった。
すなわち富裕層は命(残り寿命)を得ることができ、貧困層はわずかな時間を得るために薄利での労働を強いられていた。
何もせずとも富と命を得続ける富裕層、努力しながらも十分な余命を得られない貧困層。
この差を生み出しているもの、それはいったい何なのか……!

というのが、この話の大筋なのですが。
結論から言うと、そこそこのアクションシーンと美しい映像、そこで繰り広げられる資産家の娘と貧困層の男が紡ぐラブロマンスがあるこの映画は、デートにもってこいですね。

逆をいえば、中途半端なアクションのハリウッド映画って感じです。
あちこちで書かれていますが、本当に設定は良いのに、それを活かすためのシナリオが残念なんですね。
どう残念だったかということについてはネタバレになる可能性があるので後述しますが、1つだけ。

おそらく皆さんが心の中でふくらませている
疑問の半分以上は解決されずに終わります。
しかも、新たに生まれた疑問も、ほぼ放置。
驚きどころはただ1つ。
金銭の授受が時間に変わっているという設定の斬新さ。これだけ。

あとは、その場その場の雰囲気で創り上げられた話という感じですね。
あ、それと今の格差社会を風刺し、最終的に爽快感が得られる映画、ってとこでしょうか。
ていうか、格差社会を風刺したくて作られた映画って感じもします。

その「格差社会をぶっとばせ」ってことが言いたいがゆえ、細々としたSF的な疑問はスルーされているように思えますので、シナリオにこだわる方は要注意の映画です。

では、この後はネタバレ。
先程は、ちょっとばかりオブラートに包んだ言い方をしましたが、正直、この映画はツッコミどころ満載です。
軽く思い出すだけでもこれだけあります。

ニューグリニッジに向かう際、大量に必要だった時間。
なのに、ほとんど時間を持たない二人が、なぜ元の地区に戻れたのか?

物語の後半から、主人公である男女による銀行強盗のシーンがちらほら。
もしかして、ボニー&クライドをやりたくなった?

どうやら、主人公の父親がタイムバトルの勇士であったらしいが、そのことを紹介した後は、父親に関して触れることなし。

そもそも、なぜ25歳で寿命が止まるのか。
この世界を操ってる奴と創造した奴は別ってことなのか?

これらの疑問を収拾することなくエンディング。

ボニー&クライドを連想させたのは、この先二人は長生きしない、ってことを言いたかったのかもしれませんが、それさえも僕の単なる深読みなのではないか、と思ってしまうほど。

なんか、色々な意味で残念な映画って感じでした。

あ、そうそう。
この映画を見る際、アイランドという映画を思い出しました。
事前に設定をばらしてしまっているため、面白さが半減していますが、それでもまだ今回の映画よりは緊迫感もあり、良い映画だと思いましたので、紹介しておきます。

author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★☆[惜しい!], 02:22
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 02:22
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://makazu.jugem.cc/trackback/324