RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
【映画】 ダニー・ザ・ドッグ
観てきました。ダニー・ザ・ドッグ。
脚本は、あのレオンを手がけたリュック・ベッソン。
切ないアクション映画なんだろうと、かなり期待…していたのですが。

なんていうか、まぁ、可もなく不可もなしという感じで、むしろ不可の方かなぁ、というところでした。

中盤は良かったんですよ。
ダニーという可哀想な殺し屋の存在と哀愁が上手に描かれていたし、それを不思議に感じていないらしい本人の姿が、さらに悲しみを誘いました。
そんな彼が、盲目のピアニストと出会ったとき、彼の心にどのような変化が現れるのだろう。
すごくドキドキしたんですよ。

だけどねぇ。

以下、ちょっとネタバレあり。
ダニーが盲目のピアニストと出会い、そしてその娘と出会って、初めて人間らしい生活を始めた幸せのひととき。
しかし、過去にケジメをつけなかった彼に、そう長いこと安息の時間が続くわけもなく、ちょっとした偶然から昔の生活へと。
それはまぁ良いんです。
ただ、気になって仕方なかったのは

不死鳥のように何度も甦る
ボスの存在。

ダニーの過去なんか目じゃねぇ!

お前の頑丈さがミステリアスだわ!

と突っ込みたくなったのは、僕だけじゃないと思うんです。

それに、ダニーの過去を追い求める話だったはずが、いつの間にかダニーのお母さんの素性を調べる話にすり替わってるし。

おかげでアクションが付け足しのように見えちゃいましたよ。

けっきょく、ハッピーエンドなのに、なんとなくモヤモヤが残る映画でした。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★☆[惜しい!], 03:55
comments(0), trackbacks(1), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:55
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://makazu.jugem.cc/trackback/53
ダニー・ザ・ドッグ
\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ ジェット・リー最新作!!!これをどれほど待ったことか・・・ 自分の中ではスター・ウォーズの次に待ちわびていました。思い返すとジェット・リーには少林寺で衝撃を受けて以来ファンでした。で、今日は
In my opinion・・・, 2005/06/30 1:56 PM