RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
【映画】 アイ,ロボット
アイ,ロボット 特別編
アイ,ロボット 特別編

この映画、公開前からかなり期待していたのですが、予想以上の出来に満足しました。
ハードアクションを好まれる方やSFに徹底したこだわりがある方の中によると不満な部分もあるようですが、僕は満足できました。
というのも、この映画のジャンルはSFサスペンスというものなのですが、これがまた難しいジャンルなんですよ。

想像したものはなんでも存在させられるSFというジャンルは、きちんと作者が「足かせ」を作っておかないと、収拾がつかなくなっちゃうものなんです。
それこそ、密室殺人なんてSFの世界ではいくらでも起こせますしね。
だから、うまく足かせを作ったこの映画は、すごいと思ったわけです。
ただアクションが少なめなので、SFアクションだと思っていると肩すかしになっちゃうかもしれません。

あ、そうそう。この映画を観て、ついついこの本を買っちゃいました。
高いけど面白いです。

コンプリート・ロボット
コンプリート・ロボット
アイザック アシモフ, Isaac Asimov, 小尾 芙佐
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 06:03
comments(0), trackbacks(0), - -
【映画】 スウィングガールズ
スウィングガールズ スペシャル・エディション
スウィングガールズ スペシャル・エディション

最初に言わせてもらいましょう。

この映画は何も考えないで見るべし!

いや、基本的に僕は、理屈っぽいイチャモンを付けて観ちゃうタイプなんですけどね。
この映画は、そういうことが許されないということが、ヒシヒシと伝わってきました。
だって、むちゃくちゃな部分がそこかしこにあるのに、それを感じさせないほど話が面白いんですから。

これってまさに

「お前ら、何も考えずに楽しんでいってくれ」

という監督の作品を通したメッセージでしょう。
それにしても、王道中の王道で、ここまでおもしろい話が作れるなんて。
ベタなストーリーもバカにできないもんです。

この映画、自分の中で2004年で第一位となった作品ですので、まだ観てない方は、ぜひ観てくださいませ!
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 05:01
comments(0), trackbacks(1), - -