RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
【小説】 とある魔術の禁書目録(インデックス) 2



またまた更新が遅れました。ごめんなさい。

さてさて、本日読み終えた『とある魔術の禁書目録』第二巻。

今回は、インデックスと関わりを持ったがために、不思議な事件に関わる身となってしまった当麻自身が、今度は単独で新たなる事件に身を投じることになるお話です。

で、読み終わってみると、ストーリー展開もバランスが良く、物語の設定が上手に活かされていて、かなりおもしろいとは思います。

でも、やっぱり気になるんですよ。文章力。

まぁ、前巻よりも読みやすい部分は増えていましたし、作者の成長は見られる本ではありました。

でも、まだまだです。

読みづらい箇所は、まだまだありますし、状況説明ができていない部分も少なくありません。
アクション小説である以上、今誰がどこにいて、何がどうなっているのか、それが分かりにくいというのは、かなり致命的だと思うんですよねぇ。

特に今回はダークな展開となっているので、読んでいて混乱するやら落ち込むやら。
今回に限っては、インデックスの明るいキャラクターも、あまり救いにはならなかったなぁ。

それともう一つ。
これは前回にも思ったんですが、傍点多すぎ。
傍点ってのは、ルビのところに入る「、」で、言葉を強調するために入れるものなんですけどね。
それがやたらと入っているので、逆に重要な部分がぼやけちゃってる。

こうした強調ってのは、時折使うから効果的なんであって、こう何度も使われると、逆にうっとうしいだけなんですよね。
おかげで、寝る前に一冊読む派の僕にとって、この本はかなり苦痛でしたね。

だからこそ、設定とか展開とかは、おもしろいとおもっただけに、本当、もったいない作品でした。
これで読みやすければ、ぜったいに一押し作品となっていたろうに。
他の方のレビューに寄れば、第五巻辺りからかなり読みやすくなっているらしいので、それまでは我慢して読んでみようかな、とか思っております。

ところで、前回で苦言を呈した

「……、」ですが、これってもしかして、鎌池氏の個性なのか、と思い始めております。
なんかね、ポリシーみたいのを感じるんですよ。

ありえない書き方だというのは分かってる。
だけど、あえてやっているんだ。

みたいな。
考えすぎですかね。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★[一部問題あり], 08:02
comments(2), trackbacks(0), - -
【映画】 ランド・オブ・ザ・デッド
本日は、連続で観て参りました。

で、選んだのが、この作品。

ゾンビ映画の巨匠として名高いジョージ・A・ロメロ監督がメガホンを取ったということで、期待していたのですが、その期待通りの作品でしたね。

ホラー映画を通して社会風刺をするロメロ監督らしく、貧富の差が激しく、金や権力のある者だけが生き残り、弱い者ほど闇に食われていくという図式は、なかなかにテーマ性を感じます。

また、この監督の場合、ゾンビに対する愛着心をスクリーンから感じることが多いのですが、今回もやはりでしたね。
時折コミカルに描かれるゾンビの姿は、観客の間から笑いが漏れていましたし、もしかしたらこれで、ホラーブームに火が点いたりするんじゃないでしょうか。

あ、そうそう。
このレビューだと、勘違いする人が出てきそうなので、一応念を押しておきますね。

この映画はホラーです。

それも

スプラッタ色が強い映画です。

観ているだけで痛くなる表現、顔を背けたくなるシーン、気分が悪くなる場面は多々出てきますので、間違ってもデートコースに入れたりはしないでください。

家族で、なんてのは論外です。

スプラッタに免疫がない人も避けた方が良いでしょう。

この映画を観て良いのは、13日の金曜日を観た後にチキンを食べられるような人くらい。
決して万人向けではありませんので、十分検討した上で行かれてください。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★[良い感じ], 01:45
comments(0), trackbacks(3), - -
【映画】 奥様は魔女
月曜日は映画の日!

というわけで、映画を観て参りました。

今日選んだのは、奥様は魔女。
うん。意外とおもしろい作品でしたね。

外国のラブコメディって、あまり好みではないのですが、これは意外と楽しめましたし。
ただ、シナリオ的に目立つ粗があったり、前半の展開がややダレている印象を受けたりしたのが、僕的にはマイナスポイントかな。

オススメとしては

ニコール・キッドマンが大好きな人
ラブコメディが大好きな人
外国ドラマ・奥様は魔女が気に入っていた人
外国の笑いが比較的好きな人
カップルで映画を観て、ラブラブな気分になりたい人


……こんなところかな。

ただ、内容としては、リメイクと言うより、

奥様は魔女というドラマをベースにした新作映画で、感覚としては日本版・奥様は魔女だと思っておいた方が良いかも。

まぁ、肩に力を入れず、気軽に観られる娯楽ムービーだと思っておけば、良いかと思います。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★[良い感じ], 01:25
comments(0), trackbacks(1), - -
【小説】 灼眼のシャナ II
灼眼のシャナ〈2〉
灼眼のシャナ〈2〉
高橋 弥七郎

えっと、遅くなりましたが、昨晩読みましたので、書評をば。
先日の書評で、文章力に問題はあったものの、設定などはおもしろい、と評したわけですが、では今回はどうだったかというと。

うん、進歩はしてます。

でも、まだまだな箇所も多いですね。

ま、そうした文章面については後ほど話すとしまして。
特に今回良いと感じたのは、キャラクターの動かし方。

自分にいまいち自信を持てきれない男、坂井悠二。
いつの間にか悠二が気になってしかたない少女、シャナ。
シャナに対して、密かにライバル心を燃やすクラスメイト、吉田一美。

この三角関係は素晴らしいし、それを表現する文章もうまい!
あまりに煮え切らない悠二や、勇気を持てずにイジイジする吉田一美に対してイライラさせられたり、悠二との間に距離を感じ始めたシャナの心に胸を締め付けられたり。

こうした感情を読者が持つってことは、それだけ表現がうまいということだと思うんですよね。

うん、ラブコメはこうじゃなきゃいけない。

この辺はラブコメ好き人間としては、嬉しい一冊となりましたね。

ただ、やっぱり文章力に問題を感じてしまうのが、ラブコメ以外のシーン。
なんか、分かりづらい部分が多いんですよね。
おそらく世界観が複雑であることも理由なんでしょうけど、一度じゃ理解できない箇所が、いくつかあったのが痛かったなぁ。

ただ、これって、どうも文章力の問題じゃないような気がしています。

というのもですね、この高橋弥七郎という方。
自分の考えた設定を、すべて文字にしようとしていないか?

と思うのです。
なんとなく理解できていれば良いようなことを、やたら明文化しようとしていたり、それほど重要でない名前を連呼していたり。

これが読みづらさに繋がっているような気がするんです。
こういうのがなければ、かなりスッキリと読みやすい本になったと思うし、僕も素直にもっと上の評価を付すことができたと思うんだけどなぁ。
ちょっと残念。

この巻では、シリーズとしての流れというより、キャラクターの成長が感じられた一冊だったので、著者のさらなる成長も期待しつつ、これは次も買ってみてるかなぁ。

以下、ネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 23:52
comments(1), trackbacks(0), - -
【小説】 ルーク&レイリア (1) 金の瞳の女神
ルーク&レイリア(1) 金の瞳の女神
ルーク&レイリア(1) 金の瞳の女神
葉山透


眠いです。
あくびしまくりです。
すでにお気づきの方もいると思いますが、馬数は超夜型人間。朝、床に就いて夕方仕事に出かけるという生活をしています。
というわけで、これは眠る前の更新。
眠い。

でも、とりあえず一冊は読み終えたので、更新した次第。

本日読んだのは、ルーク&レイリアの第一巻。
9Sで人気を確立した葉山透氏のデビュー作です。
けっこうファンの多い作品らしいので、読んでみました。

セレスの街に、古く大きな修復工事中の建物があった。
その建物は「神の門」と呼ばれているアブリル教の伝説の門を模した建物だ。
その修復工事を担当するメンバーとして参加するルーク・ジョイナス。
彼は新米でありながら、新米らしからぬこなれた動きをする。
その秘密は、彼の過去にあった。
そんな彼の身近で、二つの事件が起きた。
一つは、レイリアという口の悪い美女がやってきたこと。
もう一つは、殺人未遂事件が起きてしまったことだ。
ファンタジー世界を舞台に繰り広げる本格ミステリー。


というものなんですが、結論から言うと……。
悪くはない。
でも、僕の口には合いませんでした。

きちんとした理由はわかりませんが、やっぱり9Sと比べ、文章のテンポは良くない気がしましたし、なんと言ってもラブコメ要素が少ないことが、原因かなぁ。

代わりに妹萌えの要素はあったけど。

僕が求めているのは、そっちじゃないんですよぅ。
ラブコメなんです。

というわけで、評価がこうなった次第。

でも、やっぱりさすがというべきか、感心させられたのは、ファンタジー世界でありながら、魔法というアイテムを一切使っていなかったこと。
まぁ、ミステリーを題材にしている以上、当然のことだったのかもしれませんが、けっこう新鮮な印象を覚えましたね。

それに、セレスの街に生きる人々の生活を伝えるリアリティあふれる文章力は、やっぱりさすがというべきで、ファンタジー好きでミステリー好きの人は、一度読んでみても良いかと思います。
あと、妹萌えの人も、かな?

ちなみに、ミステリー風味ですが、一人称の語り口はコミカルで、けっこう読みやすい内容だと思います。

9Sはダメだったけど、ファンタジーなら……と思っている方は、ぜひ読んでみてください。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★☆[良いけど…], 07:38
comments(0), trackbacks(0), - -
【辞典】 13か国語で分かる新・ネーミング辞典
13か国語でわかる新・ネーミング辞典
13か国語でわかる新・ネーミング辞典
学研辞典編集部

たまに友人から、僕の趣味が分からないと言ってきます。
ライトノベルは大好きなくせに、アニメは見ない。
観たい映画は借りずに買う。
んでもって、たまに発作的に辞典を買う。

他にもいろいろあるようですが、特に辞典をいきなり買うところは、理解できないらしいです。

なんで? おもしろいじゃん。

というわけで、いきなりですが、辞典のオススメを。
以前から学研で発売されている「ネーミング辞典」は、僕も持っており、かなり気に入ってました。
んでもって、そのグレードアップ版として発売されたのが、これ。

日本の単語を外国語に訳するとどうなるか、それを13か国、一気に訳しているのが、この本だったりします。
訳しているのは、

英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・オランダ語・ラテン語・ギリシャ語・ロシア語・中国語・韓国語・アラビア語。

で、実際に例を挙げると。

惑星(日本語)
プレネット(英語・フランス語)
プラネート(ドイツ語)
ピャネータ(イタリア語)
プラネッタ(ポルトガル語)
プラネートゥ(オランダ語)
プラネータ(ラテン語・ロシア語)
プラネーテース(ギリシャ語)
シンシン(中国語)
ホクソン(韓国語)
カウカブ・サイヤール(アラビア語)

てな感じ。

漫画に詳しい人は、おや? とか思ったんじゃないでしょうか。
要するに、この辺が「ネーミング辞典」の由来なんでしょう。

けっこういろいろと役に立つ辞典なので、興味がある人は買ってみてくださいませ。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 04:31
comments(0), trackbacks(0), - -
【小説】 バクト!
バクト!
バクト!
海冬 レイジ

とりあえず、前から気になっていたので、とりあえず一巻だけ購入してみた作品。
内容としては、

音無素子は、教え子の両親が追った多額の借金を肩代わりして、首も回らない状態となっていた。
もはや、こうなってはギャンブルに頼るしかない……。
そう思って、ギャンブルに手を出した彼女だったが、気が付けば負けは一千万円にふくれあがっていた。
そして今、彼女は、とある男子生徒の住むマンションの前に立っている。
彼の弟子にしてもらうために。
音無とヒロトが、大逆転を狙ってギャンブルに挑む、ギャンブルミステリー。


というものなのですが、まぁ、話はおもしろいんじゃないでしょうか。
ただ、僕がギャンブルに対して無関心すぎるためか、あちこちで理解できない流れや語りがありまして、何度も置いてきぼりをくらっちゃったんですよね。
最初はそれでもオチが楽しければ……と思っていたのですが、どうやらギャンブルを分かっていないと、その大逆転への感動は得られない構成らしく、気が付けばエピローグ、なんてあんばい。

やっぱり、ミステリーである以上、賭博のトリックなんかも理解したかったなぁ、とは思うのですが、まぁ、これは僕の趣味嗜好に合わなかったということで。
唯一、ギャンブルで身を破滅させていく人間の怖さは体感できたので、それだけでもよしとするかな、なんて思っております。


というわけで、この作品、あまり理解はしていませんが、一応ネタバレを。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★☆[良いけど…], 04:01
comments(0), trackbacks(0), - -
【漫画】 あさりよしとお作品
うん。
久々にトラバってみましたよ。

で、これは読んどけ五作品、ね。
悩みましたけど、やっぱり僕の中では一人の漫画家さんしか浮かばないんですねぇ。

その名もあさりよしとお。
知っている人は知っている、コアなマニアが注目する作家。

なぜ、コアなマニアが注目するのか。
簡単です。

一つは、出てくる女の子キャラが萌えキャラであることが多いこと。
昭和時代から萌えを描き続ける作家なんですよ。
で、もう一つ。これが重要なのですが、コアなマニアにしか分からないようなことをネタにしちゃう。
だから、マニアができるんですよ。

たとえば、この方の初期作品である、宇宙家族カールビンソン。

宇宙家族カールビンソン 1 SC完全版 (1)

メインのお話は、宇宙の交通事故で両親を亡くした地球人、コロナちゃんが未開拓の惑星で異星人たちとファミリーを作って成長していく、ほのぼのストーリー、なのですが、ここで出てくるコロナちゃんが萌えキャラだし、何よりネタがマニアック。

たとえば、その星には原住民と呼ばれる先住異星人がいるのですが、そのなかにジッソーくんという、やたらと目の前にモノを持ってしゃべるキャラがいるんですね。
普通なら、これはこういうキャラなんだな、と見逃しますが、マニアな人たちは違います。
これがウルトラセブンを監督した実相寺昭雄のパロディキャラだというのをすぐに見破って爆笑するのです。
というのも、この実相寺昭雄という監督のアングルは独特で、草木の影から撮影したり、わざとカメラを斜めに撮影したりして、映像に不思議な雰囲気を与えるんです。
何、どんな撮影手法だ?
と思った方は、今公開中の姑獲鳥の夏を見てみてください。
これ、実相寺監督が撮影していますから。

ほら、一つの作品のたった一つのネタを説明するだけで、これだけの文章。
このくらい説明の必要なネタを、あちこちに散りばめているんです。このあさりよしとおって人は。
だから自分が知ってるネタが出てきたときは、本当に嬉しいし笑えるんですよ。

ではでは、あとはサクッと内容だけ説明していきますので、興味があるものがあれば、ぜひ読んでみてください。


なつのロケット
なつのロケット
あさりよしとお作品の中で、数少ないシリアスコミック。
ある少年がひと夏でロケットを完成させるまでの物語です。
少年のせつない夏の物語を通じて、ロケットの原理が理解できる一冊です。
ちなみにシリアスなので、ネタはほとんどありません。

まんがサイエンス
まんがサイエンス
学研・5年の科学に連載されている科学漫画。
おなじ学研から出ている「○○○のひみつシリーズ」と同じようなものだと言えば、分かりやすいかな?
んでもって、この本の中でも、あさりよしとおらしく、小学生には分からないネタだろ! ってのをアチコチに散りばめてます。
大人でも笑って勉強になるシリーズです。

HAL―はいぱああかでみっくらぼ (1)
HAL - はいぱああかでみっくらぼ
科学について、真実を嘘とゴチャマゼにして説明している科学オタクのためのコミックです。
なぜ科学オタクのためかというと、嘘についてのフォローを一切していないから。
科学を知っている人だけが笑える、本当にピンポイントな層に向けた漫画です。

ワッハマン 1 (1)
ワッハマン
アフタヌーンで連載されていた漫画で、あさりよしとお初のストーリーコミック……だと思います。
笑ってハラハラさせて泣かせます。
もちろん、知っている人だけが笑えるネタも満載。
古本屋でも見つけづらいらしいですが、ぜひ読んで欲しい一冊ですね。

で、このワッハマンの後にはるくるくというシリーズも始まっているので、ワッハマンが手に入らない人は、こちらも読んでみると良いかも。

マニアな人にはかなりオススメなんで、知らなかったという人は、ぜひ読んでみてください。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 03:23
comments(0), trackbacks(0), - -
【小説】 電撃 !! イージス5
電撃!!イージス5
電撃!!イージス5
谷川 流, 後藤 なお


あぁ、ラブコメが読みたいっ!

のっけから失礼しました。
いや、そう思ってしまったもので。

で、唐突に話は変わりますが、この本。
涼宮ハルヒシリーズを書いた谷川氏の作品ということと、表紙の愛らしくもシュールなイラストが気になっていた作品でした。

で、読んだ感想はというと。

おもしろいんだけど微妙。

これが正直な感想。
う〜ん。表現するのが難しいなぁ。

具体的に言うなら、雰囲気はおもしろいけど、それ以外は微妙……というところでしょうか。

それ以外。

ストーリーで注目できる部分があるわけでなく、キャラクター面でも女の子がたくさん出てくる割に、これといった展開もなく、キャラへの感情移入もできず。
語り口としても、涼宮ハルヒシリーズと同じ男性の一人称だったのですが、あのシリーズのような光る言い回しも、あまり感じられず。
唯一、女の子の騒いでいる、場の雰囲気には萌させてもらいました。

といえば良いかな?

そう、要するに雰囲気を楽しむ小説なんです。
理屈抜きで。

なんで、涼宮ハルヒシリーズのようなコッタ設定で谷川氏を気に入った僕としては、少々ショックだったりしたんです。

あとがきによれば、これは読者参加型の企画として始まったものらしく、谷川氏も、もともとはキャラ設定だけを担当する予定だったと。

なるほど。
キャラありきの作品になっているのは、このためかぁ。

というわけで、キャラ萌え小説が三度の飯より大好きだ! という人にはオススメですが、設定や物語を重視する人にとっては、不満の残る内容となっていますので、購入の際はお気を付けくださいませ。

そういえば、ラブコメ要素もなかったんだよなぁ、この作品。
第二巻では、この要素入ってるのかなぁ。

あぁ、ラブコメが読みたいっ!


以下、ネタバレです。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★☆[良いけど…], 02:39
comments(0), trackbacks(0), - -
【小説】 ゼロの使い魔 (4) -誓約の水精霊-
ゼロの使い魔 (4)
ゼロの使い魔 (4) -誓約の水精霊-

王道という言葉があります。

最終回間際で記憶を失う主人公。
街中で偶然、運命の人と正面衝突するヒロイン。
爆発一秒前で爆弾処理に成功するアクションヒーロー。

これ、すべて王道。
またはお約束とも言いますね。

さて、なぜに突然こんなことを言い出したかと言いますと。

この本で

お約束のラブコメ展開

があったからです。

そりゃもう、まさか、まさか……まさかぁぁぁぁっ! な、ベタ展開。
でも、こういうの大好きですよ、僕。
奇想天外だろうが、決まり事のお約束展開だろうが、読んでいる人間が恥ずかしくなるようなシチュエーションであれば、それがラブコメっつーヤツでしょう。

本当はもう少し詳しく説明したいところなのですが、今回の展開は、たった一言でストーリーが分かっちゃうくらい、ベタなんですよねぇ。
だから内緒。

ラブコメが好きな人は、何も言わず、買ってみてくださいまし。

もし、ラブコメが好きなのに、ゼロの使い魔を読んでいない、という人は、これを機会に読んじゃってくださいまし。
僕がこのシリーズを薦めたのは、この巻を読ませるためだったのね、と納得してくれると思います。

その割りには、最高評価を出してないじゃん、と思った方。
ご心配なく。

今回、僕の評価が少しばかり下がったのは、ラストの展開が好みではなかっただけです。

人によっては最高評価となる可能性が十分にある本ですので、まずは読んでみてくださいませ。


あ、そういえば、今回は文章力で気になった箇所はあまりなかったなぁ。
もしやヤマグチさん、文章力レベルが上がったんでしょうか?
ちょっと次が楽しみになってきたかも。


以下、ネタバレに続きます。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 05:20
comments(0), trackbacks(1), - -