RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
更新止まってます。本当、ごめんなさい!
すみません。
今、本当に時間がなくて、全然更新ができません。
最初はクリスマスだけでも……と思っていたのですが、それもできず。
おそらくこの状態で年越しをしてしまうのではないかと思います。

個人的なわがままでご迷惑をおかけしますが、更新は今しばらくお待ちくださいませ。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:-, 07:30
comments(0), trackbacks(0), - -
【映画】 ALWAYS 三丁目の夕日
ALWAYS三丁目の夕日
ALWAYS三丁目の夕日

どうも。
何日ぶりの更新になるのでしょうか。
いや、ちょくちょく映画を観てはいるのですが、どうにもPCの前に座ることができず……。
本当、すみません。

で、これは1週間ほど前に観た映画なのですが、はっきり言っちゃいましょう。

この映画は最高です!
舞台は昭和33年の日本。
携帯もパソコンもゲームもなく、子供は駄菓子屋のクジで一喜一憂し、大人は戦後の日本に未来を感じて、がむしゃらに頑張っていた時代。
やっと訪れた平和を象徴するかのように、東京タワーが日を追うごとに伸びていく。
そこから離れた場所にあるのは、夕日町三丁目。
そこでは人情とユーモアに溢れる人々の姿があった。
という内容なんですけども、これが悔しいくらいに計算ずくの構成なんです。

子供たちがいろいろな想いを乗せて飛ばした模型飛行機。
その流れに合わせて次々と視点を変えて紹介される三丁目。
それで、あぁ、こんな世界観なんだなぁ、と思った後、何が起きるかとおもいきや、軽い笑いの応酬。
とぼけたキャラクターのやりとりに、クスクスと笑いのツボを刺激され、それが終わったかと思うと次の笑い。
それの繰り返し。
考える間もなく次々と変わっていくシーンの連続に、いつしか作品の世界観に飲み込まれた頃。
急に訪れる様々な出来事。

登場キャラが困難にぶつかれば、観客も困惑し、それを乗り越えれば観客もホッとする。
小さな幸せにスクリーンの中で人々が泣き出せば、観客も感極まって号泣して、十分に泣かせた後は、おとぼけでクスクス。

本当、こんなシーンの繰り返しなんです。

もう、その構成力のうまさといったらすごくって、計算されたシナリオなんだ、と分かっていても涙が止まりませんでした。

それに素晴らしいのはこれだけではありません。
これは有名ですが、街の風景は、そのほとんどがVFX。
これがもうハイレベルで、実写としか思えないほどです。

映像がナチュラルだからこそ、浮き立ってくるハイレベルなシナリオ。

断言しましょう。
今年観た映画のなかで、この映画は確実にナンバーワンです。
間違いなくDVD買いますよ、ボクは。

かなりオススメなので、まだ観てない人はぜひ!
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 03:19
comments(0), trackbacks(3), - -