RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
【小説】 カレとカノジョと召喚魔法 (6)
カレとカノジと召喚魔法〈6〉
カレとカノジと召喚魔法〈6〉
上月 司

ついに来ちゃいましたよ。最終巻!
もう、ずっと待ちこがれていたこの本。
前回のモヤモヤ感を引きずっているが故に、期待半分、不安半分。
僕の苦手な展開になるのではないか、そうじゃなくあってくれぇ!

と思いつつ、読みました。

読みました。

読む手が止まりませんでした。

おもしろい。

おもしろすぎる。

おもしろすぎるぞぉぉぉ!!

いやぁ、一気に読んじゃいましたよ。最後まで。

前巻のモヤモヤ感が解消されるかな、なんてとんでもない。
シリーズを通して、すべてのモヤモヤ感が払拭される一冊。

まさに最終巻となるにふさわしい一冊!

こんな素晴らしい締め方をしてくれた上月氏にエールを送ります。

そして次回作に期待します。

さて、もっと言いたいことがありますが、ネタバレになってしまうので、以降に譲ります。

以下、ネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 03:03
comments(0), trackbacks(1), - -
【小説】 クビシメロマンチスト 〜人間失格・零崎人識〜
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識
西尾 維新

うぅむ。
いっつも文庫ばっかり読んでいるから気づかなかったんですが、こういった新書版って、中身がギッチリと詰まっているんですね。
おかげで、読むのに時間がかかるったらありゃしない。

まぁ、それはともかくとして、戯言シリーズの二冊目。
正直、読み終わった感想はというと、けっこう微妙。

それなりにおもしろかったんですけどね。
伏線の消化にも不満はなかったし、ミステリとしての破綻も感じられなかった。

ただ、犯人へとたどり着いたときの驚きというか、そういうのが薄かったんですよねぇ。
その理由はネタバレにゆずりますが、えー、推理小説としては弱かったかな、ということだけ。

さて、今のはマイナスポイントでしたが、それよりもやっぱりプラスポイントが大きい作品でしたね。
特に今回も登場してきた個性が強すぎるキャラ。
特に葵井巫女子ちゃんは良かったですねぇ。
いーくんに対して、ラブラブモード全開というのが、もう。
これだけで、読む価値アリ、という感じですよ。はい。

あ、いかん、あれこれ触れようと思うけど、そのたびにネタバレに繋がりそうな気がする。

しゃあない、続きは以下で、ってことで、以下ネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★☆[良いけど…], 02:38
comments(0), trackbacks(2), - -
【小説】 あそびにいくヨ! (2) 〜作戦名 『うにゃーくん』〜
あそびにいくヨ!〈2〉作戦名『うにゃーくん』
あそびにいくヨ!〈2〉作戦名『うにゃーくん』
神野 オキナ

じつは前巻と同時購入していたこの本。
さて、次はどんなワクワクが待っているのだろう、と思いつつ本を開くと。

相変わらずバカやってました。

いやぁ、嫌いじゃないです、このノリ。

しかも、舞台を沖縄から東京に移しているため、マニアックの度合いまで上がっているし、いかにもライトノベルという感じ。

でも、途中から雲行きが怪しくなってきたんですよね。
なんて言うのかな。
細々とした描写は見えてくるのですが、そうした点の描写が線として繋がらないというか、要するに後半全体の流れが見えないんです。
それは一気に展開が早まったためなのかもしれませんが、それで読者を置いてきぼりにするのは、ちょっとなぁ、と思った次第。

話自体は好みだし、アシストロイドたちのかわいさにはメロメロなので次も買うつもりですが、この粗さが目立つようだと、その次はないかもなぁ、なんて思った一冊でした。


以下ネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★[まぁまぁ], 04:15
comments(0), trackbacks(0), - -
【小説】 いぬかみっ (8) 〜川平家のいちばん長い一日〜
いぬかみっ!〈8〉川平家のいちばん長い一日
いぬかみっ!〈8〉川平家のいちばん長い一日
有沢 まみず

さてさて、ずいぶんと待ちこがれていた第八巻。
でも、ページをめくるのは、けっこう勇気がいりましたねぇ。
だって、これまでの話を収束させるための一冊ですもん。
赤道斉と大妖狐という二つもの強敵がいるんですから、すんなりと話が終わるはずもないわけで。

どんなシビアな展開が待っているんだろう。

そう思いつつ読み進めていくと。

やっぱり。

これから読む人のために詳細は伏せますが、最悪の状況がこれでもかっというほど出てきます。

でも、ページをめくる手は、最初と違って止められません。

要するにおもしろいんですよ。
次々とページをめくらなくちゃいけないと思わせるくらい。
だから、次々と不幸を遅うキャラクターたちの幸せを目にするまで、ページをめくる手が止まらない。

気が付くと、一気にラストまで読み切っちゃってましたねぇ。

一つの大きな区切りとしては、なかなかの一冊だったのではないでしょうか。
来月には新刊も出ることですし、かなり楽しみに待っていられそうです。

ちなみに、なぜ最高評価とならなかったのか。
う〜ん、それはちとネタバレになりそうなので、そこで話そうかな。

というわけで、以下ネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 03:48
comments(0), trackbacks(2), - -
【映画】 シリアナ
シリアナ
シリアナ

以前から話題になっていた作品だったので、観てきました。
感想はというと……。

う〜ん。正直、難しいところです。

というのも、

この映画はサスペンスではなかったから

僕の評価基準のページにも書いてありますが、基本的に僕は、エンターテイメント性の低い映画を評価しません。
ドキュメンタリー映画を観ないのは、そのためです。
でもこの映画は、まさにその「ドキュメンタリー映画」でした。

突然に始まるストーリー。
それはいいです。

ただ、そこからがいけない。

突然始まったことに対する説明は何もなく、主軸が見えないまま進んでいき、途中からようやく、アメリカの異常なまでの強欲さと、それに振り回されるままの中東、そして何も知らないまま、そんなアメリカの手先になってしまった人々の群像劇だということが分かってきます。

そして、ここで僕なりに出した結論。

もしかして、湾岸戦争批判?

真実はともかくとして、ブッシュ大統領が国連の反対を押し切って湾岸戦争を引き起こしたのは、中東にある石油の利権を狙ったためだと言われています。
で、この映画ではそれを真実として扱い、真実を知った者は誰であろうと抹殺しているように見受けます。

なるほど、だから
「世界は陰謀でできている」
「知ったら恐い、知らないともっと恐い」
か。

と、僕なりに納得はしたのですが、いかんせん、盛り上がりもなく物語がっ進んでいくものですから、何度も眠ってしまいそうになりました。

僕の見方が正しければ、
「世の人々よ、一国の欲望を野放しにして良いのか?」
というメッセージが込められていたんだろうと思うのですが、どうでしょうかね?

まぁ、いずれにしても、僕の「映画はエンターテイメント性を持つべき」という考えから非常に遠かったので、この評価としました。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★[ちょっとなぁ], 03:12
comments(0), trackbacks(1), - -
【小説】 おあいにくさま 二ノ宮くん (1)
おあいにくさま二ノ宮くん1
おあいにくさま二ノ宮くん1
鈴木 大輔

「ご愁傷さま二ノ宮くん」シリーズの番外編。
短編集ということで、ギャグ満載の内容を期待していたら、まさにそのツボにハマまくりな内容となってました。

いやぁ、これを読んでいると、最初に感じていた真由の可愛らしさが前編からあふれ出すようで、読んでいてニヤけまくり。
さすがに、内容としてはご都合主義的な流れもあったりして、その辺はどうかなぁ、なんて思ったりもしたのですが、まぁそれはギャグの範疇として納得できるものじゃないかと。

正直、ギャグ色満載であるため、読後感は「あ〜おもしろかった」ということ以外は何も残らないのですが、何も考えずに読めるという点で、十分に満足させてくれます。


しかしこのシリーズ、この段階で気づいたのですが、もしかしたら、まぶらほシリーズっぽくなっていくんでしょうかね。
ギャグとシリアスの同時進行は、嫌いじゃないからいいんですが、これはもう、ラノベにおけるシリーズ構成のパターンとして確立しちゃっているのかもしんないですねぇ。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 04:12
comments(0), trackbacks(1), - -
【小説】 クビキリサイクル 〜青色サヴァンと戯言遣い〜
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

今週は急な仕事が入ってしまったため、映画がキャンセル。
積み本の消化も二冊に留まるという、いやぁな週になってしまいました。
ラノベは、ほぼ毎週のように数冊ずつ買っているから、明らかに積み本化が進んでいるんですよねぇ。
参った参った。幸せだけど。

さて、そんな状況下で手を付けたのが、この本。
もともとは「このライトノベルがすごい! 2006」で第一位になってるわけだから、まずは読んでおくか、という理由だけで読み始めたのですが、ジャンルの特定もできていなかったせいか、雰囲気だけを楽しんでいました。
しかし、それもしばらくすると苦痛になり始めた頃。
物語が急展開。急にサスペンスの様相を呈し始めます。
そこで初めて

これで推理小説だったのか!

なんて気づいちゃったりしたのですが、ここからが本当にジェットコースターのごとく、次々と読ませてくれはじめまして。
中盤にさしかかった頃には、

すっげぇおもしろいじゃん!!

と、最初は辟易していた厚さが名残惜しくなってしまうくらいハイスピードで読んでしまう始末。
基本的に、僕は文庫しか手を出さないので気づかなかったのですが、こんなにおもしろい本があったとは! と、衝撃を受けてしまいました。

まぁ、これまでにも銀英伝とかダーティペアとか闇狩師なんてシリーズが新書版で出ていたわけですから、気づかなかった僕がおかしいんですけど。

で、このシリーズ、何に感動したかっていうと、従来の推理小説の流れでありながら、いろいろな部分に独特な要素が散りばめてあるんですな。

世界観もキャラクターも、そして文体までもが独特。独特であるが故に新鮮。
そして、何にも増して素晴らしいのが、オリジナリティに溢れる内容でありながら、じつに読みやすいんです。

得てして、こういうクセの強い作品というのは、評価される内容でありながら、言い回しがまどろっこしすぎたりするものですが、それがこの本には感じられないんですね。
だから、この本が持つ新鮮みがダイレクトに読者に伝わってくるんじゃないかと。

そういう意味で言えば、この本が多くの読者に支持されるのは納得できました。

もちろん欠点がないわけではないのですが、まぁ、それは些細なことだと言っていいでしょうね。

ラノベはある程度読んでいて、もうちょっと趣向の違ったものが読んでみたい、という人には十分おすすめできるので、そういう方はぜひ。

ちなみに、僕がこの本を最高評価としなかったのは、ちょっとラブコメ要素が薄かったかなぁ、ということとかだったりします。


以下、ちょっとだけネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 03:56
comments(0), trackbacks(2), - -
【小説】 あそびにいくヨ!
あそびにいくヨ!
あそびにいくヨ!
神野 オキナ

さて、今週は映画ばっかり言ってまして、読書があまり進んでいません。
そんな中、意外と速く読み終えてしまったのが、この本。

じつは、以前に『ニライカナイ〜』という本を紹介した際、海老庵さんに紹介していただいたのをきっかけに読み始めたわけですが、いや、意外に読みやすい!

でも、それ以上にビックリしたのが、舞台が沖縄だってことです。
だって、地域密着はいいけど、まさか沖縄なんて辺境の地が舞台になっているなんて誰が想像します?

しかも、内容は僕好みのお気楽SFラブコメで、悪いところなし!

と言いたいところなのですが、地元であるだけに、一つだけ引っかかる部分があったんですよねぇ。
それは、キャラがウチナーグチを話すシーン。

ウチナーグチって、「文字として覚える」標準語と違って「話して覚える」タイプの言葉ですから、どうしても文章になると違和感があるんですよね。
しかも、沖縄の方言は地域によって異なりますから、本当に作家さんと同じ地元じゃないと、違和感を覚えちゃうんです。

そのため、読んでいて何度も「訊いたことのないウチナーグチ」みたいのが何度も出てきて、それでう〜ん……となっちゃったりしたのですが、読み進めていくうちに、それも何とか解消。

するとですね。じつに話がおもしろいことに気が付くわけです。

いきなりネコ耳の宇宙人がいて、食事をウマウマと食べたりしてるかと思えば、愛嬌のある小人みたいなアシストロイドが出てきて場を和やかにしたりして。

ただ、僕としてはやっぱりラブコメ要素が少ないのがちょっとなぁ、という感じではあるのですが、他の方のブログを読む限り、時間ではそれも解消されている様子。

地元の作品で、なおかつ良作。
なのに、これまで読んでいなかったのが恥ずかしくて悔やまれる作品だったので、これからは新刊の合間をみて消化していくつもり。

それにしても、八巻まで出ちゃってるのかぁ。
長いなぁ、なんて思いつつ、ニヤけてたりして。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★[良い感じ], 05:50
comments(0), trackbacks(0), - -
【映画】 県庁の星
県庁の星
県庁の星

これはけっこう楽しみにしていた映画です。
最近の邦画は良作ぞろいで、観る価値に値するものが多い、ということもありましたし、何より、最近ニュースで話題になっている『官と民、それぞれの意識格差』がテーマになっているということが、僕の食指を動かしました。

で、観た感想はというと。

ちょっと違和感はあるけど、おもしろいんじゃない?

違和感に関しては、ネタバレになってしまうので後述しますが、でもそれは本当にちょっとだけです。
シナリオはうまく波が作ってあって、中だるみなんか感じさせませんし、キャスト陣も全員が好演しているので、十分満足。

そして何より良かったのは、官のあり方を非難する映画かと思いきや、じつは民の立場にも問題はあるんだ、ということを、じつに上手くアピールしている点だったりします。

詳しくは、実際に観ていただきたいので書きませんが、仕事をしている人間であれば、誰もが一つくらいは、この映画で思い当たることを目の当たりにすると思います。

この映画には、様々な要素が含まれていますので、サクセスストーリーとして観るもよし、恋愛映画として観るもよし、風刺映画として観るもよしという、じつに良質な作品だと思います。

気になる方は、ぜひご覧ください。

では、以下、ちとばかしネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 05:20
comments(0), trackbacks(6), - -
【映画】 ミュンヘン
ミュンヘン
ミュンヘン

じつをいうとこの映画は、公開直後に観てみたい映画第一位だったりします。
というのも、スピルバーグ監督の作品でありながら、事前広報がほとんど行われず、その内容はヴェールに包まれたままでの公開だったため。
事前広報が少ないということは、それだけネタバレ要素が少ないわけですから、本当にまっさらな気持ちで観ることができる。
そう思ったわけです。

まぁ、なんだかんだがあって、観るのが遅れてしまったわけですが。

で、見終わった後の感想はどうだったかと言いますと。

うん、まぁまぁかな。

というところ。

この映画は、
1972年、ブラックセプテンバー(黒い九月)というテロ集団によって、イスラエルのオリンピック選手団が惨殺された事件をきっかけに、イスラエルが暗殺集団、事実上のテロ集団を結成し、報復を企てる、
というもの。
これを政治的側面としてではなく、11人の暗殺チームを率いるリーダーである妊娠九ヶ月の妻を持つアヴナーの視点に立つことで、この時代の政治的背景を見ると同時に、戦争による人間の心の変化や、その恐ろしさを描いているのですが、うん、それは成功していると言って良いでしょう。

その暗殺集団は、最初こそ人を殺すことに抵抗を感じたり、無駄な犠牲者を出さないようにした配慮が失敗につながったりしていましたが、やがてその感覚は薄れ、平気で人を殺していくようになります。
しかしそれは、自分の立場がどんどん危険になっていくことを意味し、同時にそれは、家族にまで及ぶことに気が付きます。
それに、殺害する相手はあくまで『テロのコマ』でしかありませんから、殺しても次のコマが選抜されるだけで、この計画は終わることがない、ということにも思い至ります。
果てしない計画と、いつまでも安心することのできない生活。

それに苛まれたアヴナーは、次第に被害妄想に追い込まれていくわけですが、今でもテロ活動が続いていることからも分かるとおり、この映画の結末は、救いのあるものだとは言い難いものがあります。

しかも、内容そのものもドロドロとしたもので、残るのはモヤモヤ感だけ。

まぁ、スピルバーグの腕によって、三時間という長丁場も苦痛に感じない波のある展開になってる辺りは、さすがとしか言いようがないのですが、サスペンスやアクションなどが好みである僕としては、あまり口に合う映画とは言えませんでした。

映画館で観る価値はそれなりにあると思いますが、アクションやサスペンスの要素がない映画には興味がない、という人には、あまりオススメできない映画だと思います。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★[まぁまぁ], 04:51
comments(0), trackbacks(0), - -