RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
【映画】 TIME タイム
【映画】 TIME タイム

全人類の老化が25歳で止まる近未来。
しかし、それは決して夢を叶えるシステムではなかった。
なぜなら、そのシステム上にいる人々は皆、25歳になった瞬間、左腕に刻まれたタイマーが動き始めるからだ。
ただし、そのタイマーで流れる時間は他者と取引することができ、同時にそれは貨幣と同等の価値を生み出すこととなった。
すなわち富裕層は命(残り寿命)を得ることができ、貧困層はわずかな時間を得るために薄利での労働を強いられていた。
何もせずとも富と命を得続ける富裕層、努力しながらも十分な余命を得られない貧困層。
この差を生み出しているもの、それはいったい何なのか……!

というのが、この話の大筋なのですが。
結論から言うと、そこそこのアクションシーンと美しい映像、そこで繰り広げられる資産家の娘と貧困層の男が紡ぐラブロマンスがあるこの映画は、デートにもってこいですね。

逆をいえば、中途半端なアクションのハリウッド映画って感じです。
あちこちで書かれていますが、本当に設定は良いのに、それを活かすためのシナリオが残念なんですね。
どう残念だったかということについてはネタバレになる可能性があるので後述しますが、1つだけ。

おそらく皆さんが心の中でふくらませている
疑問の半分以上は解決されずに終わります。
しかも、新たに生まれた疑問も、ほぼ放置。
驚きどころはただ1つ。
金銭の授受が時間に変わっているという設定の斬新さ。これだけ。

あとは、その場その場の雰囲気で創り上げられた話という感じですね。
あ、それと今の格差社会を風刺し、最終的に爽快感が得られる映画、ってとこでしょうか。
ていうか、格差社会を風刺したくて作られた映画って感じもします。

その「格差社会をぶっとばせ」ってことが言いたいがゆえ、細々としたSF的な疑問はスルーされているように思えますので、シナリオにこだわる方は要注意の映画です。

では、この後はネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★☆[惜しい!], 02:22
comments(0), trackbacks(0), - -
【映画】 はやぶさ 遙かなる帰還
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 5,798
Amazonランキング: 477位

この映画、けっこう楽しみにしてた映画でした。
じつは、堤幸彦バージョンのはやぶさ/HAYABUSAも観たかったのですが、いろいろあって観ることができず。
そのため両者の比較はできないのですが、まぁ、比較するために映画を観ているわけではないので。
で、結局のところどうだったかというと、とてもよかったです。

堤幸彦バージョンの方は「はやぶさ」目線だったらしいのですが、こちらはどちらかといえば技術者目線。
だから非常にドキュメンタリー色が強く、展開に重きを置いている人だと、抑揚のないストーリー展開に苦痛を感じるかもしれないです。

逆を言えば、ドキュメンタリー映画を楽しめる人なら、この映画は至高の作品となるかもしれません。
まぁ、指標としては「プロジェクトX」や「夢の扉+」、「奇跡の地球物語」辺りをストレスなく観られる人なら、観る価値あり。
観ていてイライラする人には、あまりオススメできない作品といえます。

では、ここからはオススメの人に対してのレビューを。

これは僕も誤解していたのですが、スタートは「はやぶさ」の開発着手ではなく、M-Vロケット打ち上げから始まります。
技術者目線の映画なら、当然、開発段階から描かれるのだろうと思っていたので、正直がっかりしていたのですが、じつはこれ、誤解だったんです。
瀧本監督は、開発についての話をないがしろにしていたのではなく、映画としての大事なポイントである「おもしろいこと」からブレさせないために、この路線をとったんですね。
これは、後々のストーリー展開で知ることができます。

さて、打ち上げから始まった物語ですが、冒頭からしばらくの間は、間延び感が絶えません。
人間ドラマが淡々と流れていくだけですので、例えドキュメンタリーに抵抗がなくても、人によっては苦痛を感じるかもしれません。
また、物語の中では専門用語が飛び交ったり、意味有りげなはやぶさの様子が描かれていたりもするのですが、それに関する説明も特になかったりします。
もちろんそれは無意味ではなく、イオンエンジンの不調であったり、宇宙事業の困難さを示すものであったりするのですが、無駄に時間が伸びるということで省かれてしまったのかもしれません。
でも、個人的には省かないで欲しいところも何箇所かあったんですよね。
そこがちょっと残念かな。

ただ、この前半部分もまったく無駄というわけではなく、軌道計算の達人である山口氏やイオンエンジンの開発コンビである藤中森内ペア、はやぶさを記事にする井上真理や下町ではやぶさの部品に携わった東出のおやじさんなどが、各々苦労したこととともに紹介されてます。それもやっぱり淡々としているわけですが。

でも、後半三分の一になると話は急展開を見せ、技術者たちの夢と希望が現実味を帯びてきます。
そしてその「現実味」が「現実」となった瞬間、泣いちゃうんですね。
出演者も観客も。
仕方ないですよ。男くさく泥臭く頑張ってきた男たちが報われる瞬間ほど、嬉しいものはないです。
そういう共感が得られる映画として、この映画は非常に良作だったと思います。

では、以下ネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 03:21
comments(0), trackbacks(0), - -
【映画】 ALWAYS 三丁目の夕日 '64(2D)
さてさて、お久しぶりの映画レビューですね。
これまでも何度か映画は観てはいたのですが、レビューを書くほどモチベーションを上げることができずにいました。
でも、相変わらず映画は面白いですね。
というわけで久しぶりのレビューはこの映画を。
長いこと書いていませんでしたので、へなちょこな文章ですが、そこはお許し下さい。

ちなみにこの商品画像は前作のもので、参考として掲載してます。
現在映画館で公開中の「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」ではないのでご注意を。

で、感想はというと、良い意味でも悪い意味でも
普通に笑えて、普通に泣けて、普通に楽しめる映画
でした。

あ、先に言っておきますが、僕は一作目こそ観てはいるものの「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は観ていません。
それでも十分に楽しめました。
さらに言えば、一作目を観ていなくても、おそらく大丈夫かと思われます。
なので、観てみたいけど、まったく観ていなからなぁ、という方も、これを機にご覧になってみてると良いかと思います。
でも、前作を観ておくと感慨深さが増しますので、可能なら前作を観て損はありません。
ちなみに僕が観たのは2Dでしたが、むしろこっちが良かったかも。
3Dだと映像に気を取られてしまい、肝心の話がぼやけてしまったかもしれない、なんて思ってます。

では、それを踏まえてもらったうえで感想を。
まず、良い意味で普通だったこと。
これはいくつもありますが、特に高評価だったのが「未来を夢見る人々」の様子が見事に描かれていたこと。
あまりにも出来すぎているという印象を持つ人もいるかもしれませんが、映画に夢を求めたい僕としては、このくらいがちょうど良かったりします。
それに、劇中で起こる事件も世界を揺るがすものなんて、一切ありません。
本当に隣近所の話なんです。
でも、だからこそ懐かしさがあり、それを楽しむことができるのです。
あと、これは小さなことですが
六ちゃんは、めっちゃ美人さんになってました!

逆に悪い意味で普通だったこと。
これは一点。
一つは、普通であるが故に、前作を超える評価はしづらいということ。
まぁ、当然ですね。
今回の感動が前回の感動と同じなら、どうしても二回目が薄くなってしまう。
ですから、これは制作者の問題というより、観客のわがままということなのかもしれません。
では、これ以上に詳しいことはネタバレになりますので、以下に後述します。
まだご覧になっていない方はご注意を
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 02:09
comments(0), trackbacks(0), - -