RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
【パソコン】 無線LANに挑戦してみることに。
えと、早速ですが、更新するきっかけになったこの品について。

じつを言うと、実家に戻って最初にやったことというのが、引越しだったんですね。
逆を言えば、引越しがあったから、実家に戻ったというか。
で、実家に戻ったのはいいのですが、引越し先というのが、公共住宅で、しかもまったくの新築。

キズ一つない家というのは気持ちが良いもので、多少狭くはなったものの、悪い気はしません。
ただ一つをのぞいて。

というのも、僕の部屋は電話線のある玄関付近にあるのですが、インターネットをする際、LANケーブルをそこから引っ張ってこなければなりません。
しかしながら、うちの両親はインターネットに関して無知もいいところでして、新築の廊下にLANケーブルを這わせようものなら、何を言われるか分かりません。

そこで無線LANを購入することにしたのですが、ちょっと選び方を間違えてしまったかもしれません。

というのもこの製品、無線に詳しい人向けに作られているらしく、とにかく設定がややこしい。
特に説明書。

なんで四枚もあるんですか。

いや、それだけならいいでしょう。
でも、その四枚を見る順番が書かれていないのが、本当に困りました。

発信側である親機の設定、受信側である子機のドライバーのインストール、パソコン本体のインターネット設定、二重ルーターの回避などなど。
しかもボクはルーターを触ったことがなかったので、このルーター機能付きの製品で親機を設定する場合、親機を接続するためのドライバが必要なのではないかと考えたりして、混乱することしきり。

今になって思えば、ルーターにはブラウザでアクセスするわけですから、ドライバなどは必要ないのですが、何を思ったのか、子機のドライバをインストール。
最悪です。
だってボクのパソコンには
ワイヤレスLANが搭載されているのですから。

とりあえずその後、一日かけてようやく設定には成功したのですが、そのうちの三割は偶然に出来たような感じ。
もう少し勉強すれば設定をいじることもできるのでしょうが、それはもう少し先の話、って感じでしょうかね。

というわけで、この製品。
間違いなく言えるのは

素人は手を出してはいけない。

ということ。
少なくともルーターの設定を何度か経験したことのある人でなければ、買わないほうが良いです。
ただ、逆を言えば、詳しい人にとっては買いなのかもしれませんが。

うーん、無線LAN、もう少し勉強してみるかぁ。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★[一部問題あり], 06:06
comments(0), trackbacks(0), - -
【日記】 もう一年間も放置していたのか……。
どうも、お久しぶりでございます!

なんか、いやはや申し訳ないです。
昨年三月以来、更新することができなくなってから、早一年。
ようやく実家に戻り、更新を再開する時期が見えてまいりました。

「忙」という字は、心を亡くすと書くんだよ。

なんて言葉がありますが、まさにそのとおりですね。
仕事に没頭していくうち、更新の気力がなくなり、ほとんど立て続けにラノベを読む気力がなくなり。

そうこうしているうちに一年が経過。
ようやく実家に帰っても、あまりにやることが多すぎて、本を読むことすらできない状態が続いていました。

しかし、ようやくにして落ち着き始めた今日この頃。
たまにではありますが、復活はできるかも。
ちょっと前科があるので、断言はできませんが……。

とりあえず、機会を見つけて、更新を再開したいと思います。

では、これからも当ブログ、よろしくお願いしますです。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:日記, 05:38
comments(0), trackbacks(0), - -
【小説】 狼と香辛料 II
支倉 凍砂
メディアワークス
¥ 662
Amazonランキング: 902位
すみません。またちょっと間が空いてしまいました。
で、その理由は前回と一緒。
本を読んだ直後に更新、ということができなくなってます。
体力がないのか、気力がないのか。
どうにかしたいのですけどねぇ。

さて、第一巻で期待を膨らませ、挑んだ第二巻。
予想通りにすばらしい!
残念ながら、そのおもしろさを語るには、物語の中盤まで説明しなければならないため、ここでは多くを語りませんが、これだけは言っておきます。

中盤以降のワクワク感がたまらない。

どういうものかというと、図式にすればこんな感じ。

日常→絶望→希望→逆転勝利。

オーソドックスといわれればそれまでですが、でもこれは黄金の図式でもあります。
ハラハラさせておいてから、一気にハッピーエンドに向かっていく物語は、まさにワクワク感の塊。

いやぁ、しばらく読んでいなかった冒険小説の興奮が蘇ってきた感じで、希望が見えた瞬間、小声で「おっしゃ、これからだ」なんて呟いちゃったほどです。
いやぁ、すばらしい構成力です。

一方、キャラクターの方ですけども、こちらもなかなか。
特に注目したのはロレンスのキャラクター。
第一巻では非常に「普通」なキャラクターだったロレンス。
しかし、この巻で、その位置づけが少し変わりました。
それは「ちょっとだけ頼れる男性」という位置。
ボクは、多くの男性が理想とする自分の姿って、こうしたロレンスみたいなものだと思っています。
そりゃ、何から何まで頼ってもらえるような存在にはなりたいですが、そうそうなれるものではないし、第一現実味もない。
しかし、少し頼れる人、という程度になら、なれるんじゃないかな、なんて思ったりしていると思うんですね。

だから男性の読者は、ロレンスに感情移入しやすいんじゃないかと思うわけです。
ていうか、ボクがそうだっただけなのかもしれないですけど。

だから、自分の分身のような存在であるロレンスががんばる姿は心から応援できたし、希望が見えた瞬間は心から喜ぶことができました。

いやぁ、ホロが第一巻よりも可愛くなっていることは予想していたけど、ロレンスのキャラがここまで良い味を出してくるとは予想外でした。

これは次の巻が楽しみです。
次はどんな展開が待っているんだろう。
噂ではラブコメ要素が強くなっているっぽいので、それにちょっと期待、かな。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 04:08
comments(0), trackbacks(0), - -
【漫画】 それでも町は廻っている 1 (1)
石黒 正数
少年画報社
¥ 560
Amazonランキング: 629位
昨日は、ラノベを読んでいるうちに撃沈。
ただでさえ積み本が山と溜まっている状態なのに、このスピードだと消化が追いつかないです。
もっとがんばらなきゃなぁ。

というわけで、今日もレビューできるかどうか分からないので、前に読んだ一冊をレビュー。

僕は以前に、なにも考えずに読める漫画が好きであることを書きました。
そして、それにピッタリなのが四コマ漫画であることも。
だから僕は、漫画=四コマ、という考え方で本屋を回ったり情報誌を見ていたりしたのですが、その情報誌で、この漫画の情報をゲット。
僕の大好きな四コマをすべて評価している人が、同じようにこの漫画を評価していたんですね。
というわけで、すぐに購入したわけですが、

これがまた大当たり。

なんて説明したら良いのか分かりませんが、こち亀からマニアックな知識と両さんを取り除き、そこに普通なようでそうでない女子高生と、妙な萌え要素を加えたコミック、と言えば良いでしょうか。

これでも分からなければ、一言で理解しちゃってください。

良い感じでの非日常系日常下町漫画

なんだ、ということで。

そう説明するしかないんですよねぇ。
だって、ラブコメやらギャグやらSFやらがごった煮になっているものですから。

まぁ、いろいろな方面で楽しませてくれる漫画ですので、好きになれる人は多いと思います。
しかし、本当、なんて説明したら良いのか分かんねぇなぁ。


追記。
SFが好きな方へ。
木星の話では突っ込まないように。
これも味というものなのです。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 12:05
comments(0), trackbacks(0), - -
【漫画】 護くんに女神の祝福を!
岩田 洋季
メディアワークス
¥ 578
Amazonランキング: 1422位
さて、立て続けに小説を読むのはちときついので、ここら辺で一休み。
僕の大好きなラブコメシリーズである護くんに女神の祝福を! のコミック版ですね。
作画は小説と同じ佐藤利幸さんが担当されているわけですが、う〜ん、正直微妙。

まず、この本で感じてしまうのが、コマ割の乱雑さ。
だいたいコミックというのは、一ページで9コマが限界と言われていますが、この本は、全ページに渡って、その限界ギリギリで描いている、といった感じ。
しかも、そのコマ割が目線に沿っていないため、読み手が努力して次のコマを探してい
かなきゃならない場所が多々あります。

そんな構成ですから、原作を知っている人間でも、途中で投げ出したくなるのは二度三度ではなく、僕も、このレビューを書くためということで、必死に最後に読み通した一冊でした。

ただ、何回か投げ出しては最初から読み直しているうちに気づいたのですが、あとがきで原作者の岩田さんが言っているとおり、なんと言うか、妙な味わいが出てくるんですね。
好き、とまではいかないけれども、まぁこれはこれで良いか、みたいな。
小説を読んでいるうちに、漫画が読みたくなった。だからこれを読む。
っていう程度になら、許容範囲の一冊といえるでしょうね。

ただ、原作を知らない人にとっては苦痛でしかないだろうし、こういうクセのある作品が好きな人でなければ、あまりオススメはできません。

う〜ん、このシリーズ、すっげぇコミック化を希望していたのですが、あまり向かない作品だったんでしょうかねぇ。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★[一部問題あり], 12:44
comments(0), trackbacks(0), - -
【小説】 涼宮ハルヒの憤慨
谷川 流
角川書店
¥ 540
Amazonランキング: 189位
久々にラノベのレビューを書いていて、そういや、この本のレビューを書き忘れていたような……、なんてことに気づきました。
読んでいて書いていなかった本、結構あるんですよね。
ま、それは後々書いていくということで。

で、この本、内容としてはいつもの短編集……というより、中篇集。
編集長★一直線! とワンダリング・シャドウの二編構成なのですが、まぁ、今回は眺めの話だったこともあって、ちょっとオモシロかったかな。

まず、前半の編集長★一直線! ですけど、要は、もともと文芸部であるところを無断利用しているSOS団が、もしも本当に文芸活動を始めたら……というお話。
ほぼ毎日と言って良いほど小さな事件が起きているSOS団らしく、機関誌を作れという生徒会からの命令に、それを挑戦と受け取ったハルヒがあちこちに寄稿以来をするわけですが、そこにちょっとしたハルヒのキョンに対する想いみたいのがこめられていたのは良かったですね。
個人的には、みくるちゃんの控え目目線での童話もツボだったりはしますが。
それにしても、鶴屋さん、ハルヒに負けず劣らずオールマイティな人だなぁ。

で、後半のワンダリング・シャドウ。
キョンとハルヒのクラスと同じ阪中という女生徒が持ち込んできた「うちの犬が散歩の途中で散歩を嫌がるんだけど」という相談から始まるお話。
例の如くハルヒは、この事例を超常現象と結びつけて考え始めるわけですが、まぁそれはさておき。
この話は、どうやら次に出てくるであろう長編と結びついているっぽい内容だったりします。
んでもって、その長編の一部は前半の「編集長★一直線!」とも結びついているっぽく、それを期待して読んでしまう感じですね。

次はお待ちかねの長編、ということになると思うのですが。
さて、どうなんでしょう。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★[良い感じ], 06:12
comments(3), trackbacks(1), - -
【小説】 狼と香辛料
支倉 凍砂
メディアワークス
¥ 620
Amazonランキング: 1099位
更新、遅れてしまいました。ごめんなさい。
やっぱり、本を読むのが遅くなってるわぁ。
というわけで、この言葉からも分かると思いますが、久々にラノベを読んじゃいました。
前々から気にはなっていたものの、まったく手を出していなかった一冊。

この本に手を出さなかったのには、二つの理由があります。
ひとつは、ジャンルがファンタジーであったということ。
昔、ファンタジー小説がいやというほど流行っていた時期があって、僕としては、その頃に一生分のファンタジー小説を読んじゃった感があったんですね。
だから、ファンタジー小説はもういいや、という感じになってました。

そして、もうひとつは、この作品のヒロインである「ホロ」の語り口調。
さすが数百年も生きている賢狼というだけあって、ホロのしゃべり口調はどうもババくさくて、それが僕の中では、どうにも萌えにつながらなかった。

しかし、そんな理由で敬遠していた作品が、「このライトノベルがすごい2007」で第一位を獲得している。
僕は、この本でハルヒシリーズに出会っていますから、さすがに一位の結果は無視できない、というわけで手に取ったわけなのですが……。

いや、よく出来てる。

というのが、この作品に対する正直な感想でした。
はっきり言って、爆発的なインパクトがある作品ではないのですが、ファンタジーと経済を組み合わせる考え方は奇抜でしたし、絶妙でした。
普通、経済の話をするなら現代劇でなきゃいけないものですが、たしかにこのタイプの話なら、ファンタジーでなきゃ成立しません。
うん、よく考えている、って感じです。

それに文章やストーリー構成もなかなかのもので、以前に読んだ「女子大生会計士〜」で感じた、キャラの魅力が薄いだの、人間関係に触れていないだのという不満が、この本ではまるまる解消されていた感じ。
特にロレンスとホロのやりとりでは、その滑稽な様子がまるでアニメでも見ているかのように、はっきりイメージできます。
ただ、その一方で、主人公であるロレンスというキャラは印象が薄く、そこがちょっともったいなかったかなぁ、とは思ったりもしたのですが。
ま、それがあったからこそ、ホロの魅力が際立ったのかもしれませんが。

この作品、十分にアニメの可能性を持っていると思うので、そうなったら、ちょっと観てみたい作品だったりします。

では、以下、ちょっとネタバレ。
続きを読む >>
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★☆[良い!], 05:34
comments(0), trackbacks(0), - -
【日記】 伝説の芸は、もう誕生しない……のか?
ラノベや映画が大好きな僕ですが、それと同じくらい好きなものがあります。
それは、お笑いとバラエティ番組。
どうして、お笑いとバラエティ番組を分けるかっていうと、バラエティ番組が必ずしもお笑い番組ではないから。
まぁ、例としては、世界一受けたい授業所さんの目がテン脳内エステIQサプリなんかも好きだから、と言えば分かってもらえるんじゃないでしょうか。

まぁ、そういった話はさておき、今回、特に話しておきたかったのが、お笑いの話。
どうして急にこんな話を始めたかというと、どうしても書いておきたかった番組の話があったからなんですね。
それは、爆笑レッドカーペットという番組。
スペシャル放送で、ずいぶん前に放送されたものなのですが、これがまた、現在におけるお笑いファンの好みというものを、計算しつくした番組なんですね。
とにかく、有名無名多数の芸人をかき集め、短い時間で漫才や漫談、コントをさせ、それが終了するやいなや、強制的に退場させる。
ほぼ一発芸に近いノリで登場してくるので、常に新鮮。
たとえつまらないと思っても、一分くらいで消えてくれるので、我慢して見ていられる。
じつに飽きっぽい現代人向けのエンターテイメントじゃないでしょうか。

まぁ、現代人は飽きっぽいがゆえに、昔のような黄金のネタは登場しづらいご時勢だったりはしますが、そんな状況下において、このような番組が登場してくれたのは、うれしい限り。

次回は三月十八日の午後九時からやるらしいので、忘れずにチェックしておかなきゃ。
個人的には、バカリズムが気になります。
やっぱり、学校の先生がイニシャルでトークし続ける、あのネタが出てくるのかなぁ。

ちなみに前回、バカリズムは「トツギーノ」というネタをやっていたのですが、そのネタはこちらで見られますので、気になる方はどうぞ。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:日記, 18:44
comments(0), trackbacks(0), - -
【漫画】 まい・ほーむ 1 (1)
むんこ
竹書房
¥ 620
Amazonランキング: 17680位
最近、持病の腰痛が悪化気味で、パソコンの前で文字を打つのがつらくなってます。
昨日もパソコンを開くまではやっていたのですが、そこから先に進めず、撃沈しておりました。ごめんなさい。
さて、本日も、お気に入りの四コマです。
ていうか、むんこレビューです。
本当、はまってるなぁ。

で、今回は、むんこ作品としては昔から知ってはいたものの、今まで手を出していなかった作品、「マイ・ホーム」です。

この作品は、堀川史郎と、その娘である堀川舞という父子家庭をメインに描かれているのですが、この作品のノリがまぁ、軽い軽い。
おそらく、むんこ作品の中でも、このシリーズはギャグの量がダントツで多いんじゃないでしょうか。

というのも、主人公である父、史郎という人間が冗談みたいなキャラなんですよね。
寒かったら布団から出ない。夜更かしはする。ピーマンは大嫌い。
そして、なんといっても、これらのことで
娘の舞にどつかれ続けている。
ちなみに言っておくと、舞は小学校三年生です。
でも、家事は完璧。生活態度も主婦レベル。
家庭に迎えれば、すばらしい母親になること間違いなしのお子様。
そんな娘と父の日常が描かれているわけですから、ドタバタしないわけがない。

でも、何よりすごいのは、ここまで大人びた小学生と、その子供に足蹴にされているだめな人間がメインであるにもかかわらず、それが嫌味になっていないことですね。
舞ちゃん、偉いなぁ。
父ちゃん、ガキすぎておもしれぇ。
そんな印象しか残らない。
まさに、むんこワールド、ここにありって感じですね。

読後感もさっぱりしていて、非常に読みやすい作品ですので、気になる方はぜひ。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 23:41
comments(0), trackbacks(0), - -
【漫画】 だって愛してる
むんこ
芳文社
¥ 600
Amazonランキング: 9635位
らいか〜が非常に気に入ったので、作者買いしてしまった作品。
いや、こちらも予想通り楽しませてくれました。
まさに、むんこの二大連載と謳われるだけのことはあります。
お話としては、売れない作家の寺田雄二と、その妻、街子のラブラブな夫婦生活を描いた日常の物語、というだけのことなのですが、あいかわらずこの人の「日常の切り出し方」は秀逸ですね。
それを特に感じさせるのが、この夫婦と読者の距離感。
身近なようでいて、じつはそうでもない二人の夫婦。
まさに自分と他人も、同じような距離感にあると、僕は思うんですよね。
自分にとって、他人の生活はミステリアス。その逆もまた然り。
だから、他人の生活には興味があって当然。
この作品は、その気持ちを満足させる力があるのだと思います。

それに何より、この作品には僕の大好きなラブコメ要素が満載。
読めば読むほど、街子さんというキャラがかわいくて思えて仕方がない。
雄二の担当編集者である曽根が街子さんに惹かれる気持ちが、痛いほど良く分かる。

これを読んでいると、結婚っていいなぁ、夫婦っていいなぁ、なんて思っちゃいます。

しかし、この手の絵に「萌え」を感じるとは思っていなかったから、かなりびっくり。
やっぱり漫画って、絵よりもネタが命、ということなんでしょうねぇ。
author:馬数翔(まかず・しょう), category:評価…★★★★★[最高!], 03:36
comments(2), trackbacks(0), - -